三島鞄製作所|島根県大田市の自宅工房にてレザーアイテムを作っています。

ホーム

「革職人になる方法」目次 レザークラフトとは? 革と出会う・人と出会う 革教室で体験する・革教室に通う 革の通信講座を受講する 知人や友人に見てもらう オーダーを受けて売る フリーマーケットや手作り市で売る 実店舗で委託販売する ネットショップで委託販売する WEBショップを作る 実店舗をOPENする 革教室を始める 地域社会とつながる 問い合わせ リンク サイトマップ

ビギナーへおすすめ
お手軽道具セット

クラフト社
シンプルレザースタイル 道具セット

初心者で何をそろえていいのか判らない方におすすめのセット。 セットされている手縫い糸は太いため、別途、細い糸をご購入されるのがベターです。

エスコード麻糸(細)


レザークラフトとは


レザークラフトとは「皮革工芸」「革細工」の事です。
鞄や財布、キーケース、アクセサリー等、様々な物を作る事ができます。

例えば、こんな作品です。
Google検索.jpg
上はgoogleの画像検索で「レザークラフト」と打ってみたものですが、ざっと見ただけでもこんなに!
様々な形・色・デザインのものを作ることができるのです。
自分で手作りするのですから、全く同じものは2個とできません、オリジナルのデザインを作ることができます。
あなたの大切な人たちにプレゼントするのにもぴったりです。
レザークラフトは作品によってはどうしても特別な道具や知識が必要だったりしますので、自分で作ったということを伝えると驚かれる方が大勢です、そして喜んでいただけることもまた作るものにとっては喜びとなります。

では、どうやって作るのか。
レザークラフトの作業は、型紙を作ってそれを革に写し、革を裁断します。
そして、それぞれのパーツを貼ってから縫い合わせていきます。
ですから、レザークラフトは裁縫とよく似ています。

CIMG7420.JPG
革を型紙のとおりに裁断して、貼り合わせ縫っていくと。
CIMG7421.JPG
二つ折り財布ができあがります\(^o^)/

本格的に始めるならば、準備する道具として、いくつかの工具が必要になります。
革を切る道具、貼る道具、革に穴を開ける道具、それを縫う糸や針、そして仕上げでみがく道具などです。
また、そこまでの工具がなくても、アクセサリー等であれば、もっと手軽に作ることができます。諸費用もそうかからないでしょう。

↓例えば、こちらのような「三つ編みブレス(トリック編み)」キットであれば、道具は特に必要ありませんから気軽に始めることができます。
←「レザークラフト アクセサリーキット 三編みブレスレット」(パーリィー)525円

私がワークショップなどでよくする内容だったりします^m^


私はこのサイトを通じて、レザークラフトとはどのようなものか? 手作り方法をわかりやすく伝えていきたいと思っています。
これからレザークラフトにチャレンジしようとしているあなたのお手伝いに少しでもなれたら幸いです。
CIMG6255.JPG
アクセサリー作りは楽しい…(#^.^#)

次の記事… 革と出会う・人と出会う