三島鞄製作所|島根県大田市の自宅工房にてレザーアイテムを作っています。


WEBショップを作る


ネットショップで委託販売するのその後です。

委託販売の話が続いていました。
いよいよ、今度はネットで自分のお店を開いてみる話です。
もしかしたら、既にブログ・ホームページで販売を始めている方もいらっしゃるかもしれません。

自分のお店ならば、「手数料がかからない」「値段設定が自由」「取引方法が選べる」…など、安心材料があります。
実際に実店舗を開くにはかなりの費用と手間がかかります。
しかし、ネットショップならば、それよりもずっと少ない資金と時間で手軽に始めることができ、実店舗よりも遥かに大きなマーケットで商売をすることが可能ですから、マニアックな作品を売る場合にもネットショップは向いているといえます。

ただ、自分のお店は自分で宣伝していかなければなりません。
最初は知り合いにしか見てもらえません。言い換えると、最初は基本的に知り合いとの取引になるということです。
これは趣味の範囲で販売する人にとっては安心材料でもあります。知らない人同士の取引は、お互いに緊張しますから…。
さらに販路を広げたい場合には、ネット広告や新聞・雑誌による宣伝、ブログやメルマガを使った集客等を行わなければなりません。

ネットショップは、大きく分けて「自社サイト型」と「モール出店型」の二つがあります。
「自社サイト型」の最大のメリットは「自由度」です。個性的なネットショップをデザインすることが可能です。デメリットは集客が難しいこと、先にも書いたとおり、星の数ほどあるネットショップ、自分で宣伝しなければお客様はページを見てくださりません。PCの知識も必要です。
一方、「モール出店型」の最大メリットは集客力。「楽天市場」という言葉を聞いたことはあるでしょう、そういったモールに参加すれば相応の集客が見込めます。ただし、モール出店には月額利用料が数万円、手数料が数パーセントかかります。
一概にどちらが優れているとは言えるわけではないので、それぞれの特徴から、自分のスタイルにあった出店方法を選んでください。

ちなみに、私は「自社サイト型」です。
商品数が少ないので、こちらを選びました。
ブログ・サイトを作り、それとは別にレンタルショッピングカートを利用しています。
※なお、レンタルショッピングカートのみでもネットショップを作ることができます。

ネットショップを作る方法については、ネットで検索するとたくさん出てきます、お好みのやり方・スタイルで、進めていくとよいと思います。
関連書籍もたくさん出ています。1冊くらいはじっくり読みこむ気持ちで買うと良いと思います。
↓例えば、『ネットショップだからできる私だけのこだわりのお店』田中正志著 1470円

10人のネットオーナーさんが紹介されています。焼き菓子屋さん、手作りアクセサリーショップ、アジアン雑貨屋さん、……あなたと共通点の多い人たちの事例を発見できると思います。
例もあります。きっとあなたの人生のモデルケースになる事例を発見できることでしょう。
また、本の後半では、すぐに自分でネットショップが始められるよう、お店づくりに必要なことや開業までのプロセスについて、手取り足取り、わかりやすく紹介されています。


次の記事 実店舗をOPENする