三島鞄製作所|島根県大田市の自宅工房にてレザーアイテムを作っています。

ホーム

「革職人になる方法」目次

人気革職人をたずねて Cielo Scala kooism Alchamick. craft. works. 三島鞄製作所 問い合わせ リンク サイトマップ※調整中











人気革職人をたずねて Leather Craftsman Interview vol.3


ここでは、全国で活躍している革職人に関する情報を載せていきたいと思います。

Alchamick. craft. works.

Alchamick. craft. works.
ブランド名のAlchamick(アルキャミック)は、錬金術〜alchemy〜と、仕掛け・からくりを意味する〜gimmick〜を足した造語。
工房は島根県出雲市。各地のイベントや個展・グループ展などで精力的に活動の輪を広げている。
作品は、アクセサリーやジュエリー、革小物や鞄…オブジェ…と多彩!
素材感やフォルムを大切に製作されるモノたちは、アンティークな雰囲気を持ちながら、カジュアルにも、きれい目なスタイルにも持てる上品さをもつ。

  革との出会いや職人になったきっかけ・経緯などを聞かせて下さい。

Alchamick. craft. works.がま口作品
 きっかけは、ヴィヴィアンウエストウッドのリングに出会ったことです。
 そのリングが欲しかったのですが、6万円のリングが買えず、それなら自分で同じようなのが作れたらいいなと思ったのです。自分で、バイクの部品を作っていたりしていたものですから、作れるのではないかと思いました。
 そして、銀のお店やインターネットで銀板を買って、本を見て……作ろうとしたのですが、作れませんでした。もちろん、今は作れますが、そのときは作ることができませんでした。道具などもありませんし。
 そのうち、銀粘土の存在を知り、銀粘土で作り始めました。リングやトップを作るようになって、そのうちもっと出来そうだ、もっと本格的なものを作りたいと感じるようになりました。ハンマーを何種類も集めたり、インターネットで道具を調べたりしました。
Alchamick. craft. works.シルバー作品  松江市で銀細工の専門店「銀飾館」というお店に出会うこともできました。実際にものを見て、そして銀細工に詳しいオーナーに話を聞きながら、道具を手に入れることができました。そして、彫金、バーナー、ロストワックスなど、今ではいろいろなことができるようになりました。 それから、アルバイト先でBOOSTERという洋服屋のオーナーと知り合い、洋服に合うデザインのオリジナル作品を作るようになったのです。

※ヴィヴィアンウエストウッド(Vivienne Isabel SWIRE)…イギリスのファッションデザイナー及び、ファッションブランド。1970年代にパンク・ロックの出現に重大な役割を演じた。英国の伝統と斬新な感覚を大胆に組み合わせ、反逆性とエレガンスを兼ね備えたアヴァンギャルドなデザインで知られる。エリザベス女王から、デザイナーとしては異例の大英勲章OBE(Order of the British Empire) が贈られている。ブランドロゴは"王冠"と"地球"をモチーフにしたオーブ。


  作品に対する思い・こだわりなどありましたら教えてください。

Alchamick. craft. works.  「Alchamick(アルキャミック)」という自分のブランド名を考えました。錬金術のアルケミーとギミックを合わせた造語です。動くようなしかけを作る、そんな感じの意味です。一味違うようなものを作りたいです。
 作品に固定概念はありません。ヴィヴィアンウェストウッドというのはロイヤリティーの高いものですが、何かにこだわったりするのではなく、洋風なものも、パンクなものも、まだらなもの(まざっているもの)、いろいろ作っていきたい。これだと決めてしまいたくないです。
 お客さんに好きに使ってもらうのが一番。だから、僕はオーダー制作が基本なのです。お客さんが好きなデザインに作ります。
 あえてこだわりを言うとすれば、お客様に渡すときには、作品を最高に光らせておくことです。銀は反射率の関係で、もっとも輝く金属なんです。それを磨きでどれだけ光らせるかにこだわっています。

Alchamick. craft. works.マリッジリング Alchamick. craft. works.アンティークカトラリー
 製作活動は、銀彫金でオーダーメイドのブライダルリングやアンティークのカトラリーを使ったアクセサリーを作ったりしています。
※カトラリーとは洋食器のうち食卓用金物の総称で、フォークやスプーン、ナイフを指す言葉。
※上記画像右側:英国製アンティークソルトスプーンを指輪に加工されたもの。
スプーンの先を叩いて平らにし、丸めて指輪に…。磨きすぎない仕上げで、よりアンティーク感を出し、ホールマークも潰れず綺麗に残されています。
※ホールマークとは金属品位や作った年代、制作された場所をマークで表すもの。

Alchamick. craft. works.ハリスツイード  また、ハリスツイード、帆布、デニムなど、様々な素材を使った製品、素材を組み合わせた製品の製作・開発も進めています。
※ハリスツイード…18世紀から変わらない古式製法を守り続ける英国王室御用達の生地。スコットランド北西部のハリス&ルイス島で職人たちによって、島でとれた羊毛を手紡ぎした糸を用い、一枚一枚手織りで織られた生地。厚手でざっくりとした独特の風合いと自然な色合いが魅力。
2010年にハリスツイード協会が創設100周年を迎えたことで、各ブランドやテーラーが再注目、セレクトショップを中心に大ブームになり、生産が追いつかない状態にもなった。
100年前から使われているハリスツイードの品質保証を意味するラベル。中央のオーブ&クロスマークは、「ハリスツイード協会」設立者の家紋をアレンジしたもの。ラベル右下には生地の生産者が判別できるシリアルナンバーが記される。


  将来の展望を教えてください。

Alchamick. craft. works.アンティークリング  なるべく、広がりをもって、多くのお客さんに見てもらいたいです。
 お客さんの要望に応えられるものを作りたいです。例えば、金属アレルギーのために、金属のものをつけたくてもつけられない方のためにオーダーを受けてアレルギーの少ない純銀に近い素材のチェーンを作ったり(100%銀では軟らかくなってしまうので多小は合金となる)…。そうして、自分のできることも広がりますし、何でも作れるようになりたいです。
 また、イベントなどの参加を積極的に行っています。イベントでは、新作の発表の他に、ワークショップなどで革細工体験をしていただいたりもしています。
Alchamick. craft. works.ワークショップ
↑イベントで行われるワークショップで作ることができる作品:がま口、ブレス、ヘアゴムなど
 僕が作っているということを知ってもらいたいので、積極的に個展なども行っていきたいと思います。2015年4月に単独個展を計画しています。
 革はいろいろな可能性をもっていると思うので衣類やインテリア製品などなど革で作れるものを僕の世界観で表現していきたいと思います。 Alchamick. craft. works.イベント

  お問い合わせ・工房情報

Alchamick. craft. works. Alchamick. craft. works.
代表 多久和 克知
facebook.com/alchamick.craft.works
ameblo.jp/alchamick

〒691-0011 島根県出雲市国富町253
(MOBILE):090-7772-8459
(MAIL):alchamick@gmail.com

  INFORMATION

 企画中のイベントがありましたら、随時情報更新いたします。
Alchamick. craft. works.
アルキャミッククラフトワークス ひとりがま口展
「オドルココロ つなぐココロ」
日時:4月11日〜13日
場所:松江イオン横の洋服屋さん「つなぐ」
時間:12時〜20時
☆開催期間中5,000以上お買い上げのお客様に抽選でがま口が当たります。
皆様お待ちしておりますm(__)m